風俗で19歳を呼んだのに...。

やっぱり風俗で間違いない事実

せっかくお金を払ったのに思っていたような時間の楽しめないようだったら勿体ないじゃないですか。そうならないためにもまずは自分なりに何をすべきなのかってことを考えるようにはしていますね。特に重要なのは、自分の中での話ですけど頻度なんですよ。あまりにも頻繁に遊びすぎると、結局それが当たり前と言うか、感度に慣れてしまう部分があるんですよね。それははっきり言って勿体ないじゃないですか。この点は風俗嬢の努力とか魅力とかが関係ない部分だと思うので、自分なりに頻度をコントロールすることによって、何をすべきなのかを考えるようにしているんです。それに、そう自分に言い聞かせておいた方が、結局はそこで大きなメリットというか、自分自身のブレーキにもなるじゃないですか。お金だって無限にある訳じゃないんです。だから頻度をある程度意識することによって、風俗が毎回のように自分に新鮮な刺激をもたらしてくれる時間になるんじゃないかなって。

ピンサロだからこそ可能なんですよ

回転花びらとかいろいろな名称がありますけど、ピンサロのあのシステム、大好きなんですよ(笑)だって一度で二人の女の子の奉仕を味わうことが出来るじゃないですか。これって他の風俗ではあまり見かけないですよね。ピンサロの専売特許と言っても過言ではないというか、個室で一対一と言うスタイルの他の風俗ではなかなか難しいのも分かるんですよね。でもピンサロの場合は水商売の如く、いろいろと女の子が入れ替わるところもあるじゃないですか。だから風俗も割と自由に楽しめるというか、他の風俗と比べてもも女の子の回転率は速いんじゃないですかね。そのおかげで待ち時間そのものも短いような気がしますし。それに、個室ではない点が特徴ですけど、自分としては別に個室であろうがどこであろうが女の子に奉仕してもらえればそれで十分って気持ちがありますので、ピンサロでは不都合らしい不都合は特に思い当たる節がないんですよね(笑)だからこそ、好きなんですよ。